手軽で頭皮に優しい白髪染め

30歳頃から白髪が目立ち始めたのと、元々敏感肌気味の肌でしたので、地肌に刺激の少ない白髪染めを探していました。
市販の白髪染めは頭皮がヒリヒリして痒くなりますし、ケミカルなものが配合されているので頭皮自体に良くないと思い、ネットで安全な白髪染めがないかと検索して知ったのが、「和漢彩染 ブロコローレ」でした。
この白髪染めは、粉状の染料のため水で溶いて髪の毛になじませるタイプで、塗ってから30分放置するだけでしっかりと黒色に染め上がります。

白髪染めおススメランキング
自宅で簡単に染めることが出来るのが大きな魅力です。
この白髪染めを使ってからは、特に頭皮のトラブルもありませんし、髪の毛が抜けたりパサパサになるようなこともなくキレイに仕上がるので手放せません。
だいたい一カ月に一度ほど白髪が伸びてきた根元を中心にリタッチしています。
カラーの種類が豊富なのでおしゃれ染めもできますが、私は「BB4」のカラーを利用しています。
色味が自然な黒色のため、健康的でつややかな黒髪に見せたいのでこの色が私にはピッタリの色なのです。
手軽で安心に使える白髪染めにやっと出会えてよかったです。
さらに価格も手ごろなのでコストパフォーマンスも申し分ない商品です。

黒く染めた後に長持ちするために注意する事

年齢を重ねてくると加齢が進んできて白髪もだんだん目立つようになってきてしまいます。そのため白髪染めを使用してしっかり黒く染めたいところですが、場 合によっては上手く染まらなかったり長持ちしなかったりして何度も染めなくてはいけなくなる事も少なくありません。そのため長持ちするにはどのようにして いけばいいのか見ていきましょう。

まず白髪染めを使用して黒く染めた日にはシャンプーを使用して洗わないようにしましょう。白髪を染めた日というのはまだ髪の毛に白髪染めの薬剤が浸透して いない場合もあるのでシャンプーで洗ってしまうと薬剤が落ちてきてしまいます。そのため薬剤を髪の毛に馴染ませるためには染めた日にシャンプーを使用して 洗わない事が大切になってきます。

髪の毛を乾かす時のドライヤーの使用の仕方にも注意が必要です。ドライヤーを強風で使用してしまうとドライヤーの熱によって黒く染めた髪の毛が変色してしまう可能性があります。そのためドライヤーを使用して髪の毛を乾かす時は送風などにして弱めで乾かすようにしましょう。

この2点が黒く染めた後に長持ちするために重要な点なのですが外出中に雨が降ってきて髪の毛が濡れてしまうなど白髪染めの薬剤が落ちてきてしまう事はあるので注意しておきましょう。

泡で出てくる白髪染め

10代の頃から、白髪に悩んでいました。ですが、「まだ10代だから」「まだ20代だから」と、なんとなく白髪染めに抵抗がありました。でも、白髪の本数が多くなるにつれ、このままでは老けて見えてしまうなと感じて、白髪染めに挑戦しました。
最初、ドラッグストアで買ってきたのは、クリームタイプの白髪染めでした。自分で混ぜながら櫛で塗っていくのですが、頭の後ろのほうの髪にはどうしても手が届きません。また、櫛から溶剤が落ちてしまって、いえの床を汚してしまったこともありました。
何か良い方法はないかと思っていたとき、ビゲンからポンプ式の白髪染めが発売になり、これだと思いました。ビゲンは溶剤の香りもそれほどきつくなくて、使 いやすいメーカーです。ポンプは別売りになっていて、繰り返し使えます。ポンプの中に溶剤を入れて振って混ぜ、ポンプを押すと泡で出てきます。それを手に とって髪に馴染ませていきます。手で塗るので、広い範囲も楽に塗ることができます。生え際などに塗っても、泡がしっかりとしているので垂れくる心配はあり ません。白髪も綺麗に染まりますし、クリームタイプより洗い流すのが楽なように感じます。泡で出てくる白髪染めを体験してから、自宅でのケアが楽になりま した。

白髪染めを使用した時に考えられる副作用

年齢を重ねてくるとともに白髪も増えてくるので白髪染めを使って白髪を染める事が多くなると思います。しかし白髪染めにも副作用というものがあるので注意して使用していかなければいけません。ではどういう副作用があるのか見ていきましょう。

主な副作用は白髪染めの薬剤が頭皮に合わなかった事による頭皮トラブルです。これは人ぞれぞれ体質が違うので出る人と出ない人に分かれますが、痒みが発生 したり湿疹が出来てしまったりしてしまいます。湿疹が酷くなってしまうと頭皮がヒリヒリして痛みも伴ってしまうので特にアレルギー体質に人は注意が必要で す。

白髪染めを使用する時に薬剤が目に入ったりしてしまう場合があります。この時に目にダメージを与える事があるので白内障になってしまう場合もあります。酷くなってしまうと失明の危険性もあるので白髪染めを使用する時は目に入らないように注意しなければいけません。

白髪染めを長期間使用していると薬剤が皮膚を通して体全体に浸透してしまうので体調不良を起こしてしまう場合があります。主に気分が悪くなるというのが多いですが、酷くなってしまうと呼吸困難に発展してしまう場合もあるので注意が必要です。

こうして見ると白髪染めの副作用はたくさんあるので使用する時は副作用があるという事を意識しておく事が大切になってきます。

自宅でも簡単に安く白髪が染められちゃいますよ!

若いころから髪が多く、黒く硬めの髪質で白髪も多少ありましたが、40代も何年か過ぎ、かなり白髪が増えてきました。内側に奥深く生えた白髪であれば、わ かりづらいのでいいですが、やはり困るのが、頭のてっぺん、生え際など目につきやすいところ。

白髪は老けて見えると思うので、できるだけ少なく見えづらく したいもの。美容室に白髪染めに行くのはめんどくさいし、高い液やシャンプー(利尻コンブの…とかありますよね。)は使いたくないし、なるべく安くできな いかとネットで検索していたら見つかったのが浮世絵のような美人画がイラストのビゲンの白髪染め。

色は黒・栗色など何色かあるかと思います。通販でも買え ますが商品自体は300円しません。ドラッグストアでも購入可能です。これを水で必要量溶いて気になるところにぬります。ブラシでまんべんなく髪になじむ ようにしたら30分後に普通にシャンプーするだけ。

髪の毛全体白髪でどうしよう…という方には、容量が少なすぎて手間がかかるでしょうが、部分白髪でお悩 みの方には強い味方になってくれます。洗い落とした後はきれいに白髪が染まります。持続期間は個人差があるのでしょうが、私の場合約一カ月でした。安価で 確実に白髪が染まるのでおすすめですよ。

数種類から考える白髪染め

髪を染めるアイテムには4種類、白髪でも黒髪でも使えるタイプもあり年齢髪用もありますね。
スーパーなどで販売してる商品ではヘアカラー、値段としては千円以内とか500円程度でありますが、髪と頭皮にやさしい商品というならネットや通販物がいい。

ヘアカラーの特徴としては髪の芯まで染料が浸透するので染めた色が長持ちすること、パサつく感じになるならコンディショナーや流さないトリートメントで念入りなケア。
カラートリートメントみたいに一週間に一回でなくてもいいのがメリット、流すまでも最短なら10分とか15分でもしっかり染まる商品があります。

ヘアカラーとカラートリートメントを比較すると市販品は若年層向けかな、でもずっと使うのはどうかと考える質、カラートリートメントは頭皮や髪の健康を考 えて作った商品なので、髪が細くなりがちとか頭皮のすこやかを考える中高年層のファンが多いでしょう。もう一つはマニキュア、これもヘアカラーと同じみた いな性質というか染めの持ちからして短い周期、枕カバーに染料がつくとかいいますね。

どれを選ぶかは値段の経済性とか仕事など普段のライフスタイルから考えること、一回分で使いやすいというならヘアカラーや市販のマニキュア、高いと思うけ ど量から考えればリーズナブルなカラートリートメント。補足としてはクリームタイプで流さなくてもいい白髪染め、室内照明でも日光でも染まるという、ヘア クリームみたいにべたつかなければこれもベターです。

DHCのカラートリートメントは使えます

私は40代ですが、白髪が目立つようになってきました。かといって毎回毎回美容院で白髪染めをするには時間もお金もかかってしまいます。やはり人と会う時 はなるべく白髪が目立たない状態で気分よく出かけたいものです。

自宅でできる白髪染めをいろいろ試してみましたが、DHCのカラートリートメントは臭いも それほどきつくなく染まり具合も優しく美容院の白髪染めと白髪染めの間に使えるアイテムです。

カラートリートメントは染まらないとずっと思っていました が、DHCのカラートリートメントは白髪全体を染めたい時にも、染めた色が落ちてきて、白髪が目立ってきた時にも、そして根本の伸びてきた白髪が気になっ た時にもとてもきれいに染まるんです。しかも染め方はとても簡単で、自宅のお風呂で短時間にきれいに染めることができるんです。

シャンプーの後にカラーリ ングをしたい部分に塗ってから、洗い流すだけです。腰腰頭を強く刷り込んだりも見こんだりする必要もなく、カラートリートメントをたっぷり塗るだけでいい んです。色も3色販売されていてブラックとダークブラウンとライトブラウンがあります、私はいつもダークブラウンを愛用しています。落ち着いたブラウン系 の色で家族全員使うことができます。しかもこの商品の気にいっているところは、ただ白髪を染めるだけではなく、髪に潤いとツヤを与えてくれるのでとても しっかりとトリートメント効果を感じることができます。続けて使用していてダメージを感じることなく40代の髪も輝きハリがあります。ぜひ試してみてほし いと思います。

白髪染めについて

20代で白髪がたくさんできてしまったので、白髪染めを利用することとなりました。髪の毛全体からすると少量であったため。はじめは一本ずつ抜いていたの ですが、そのうちにだんだん本数が増えていき、白髪の範囲も大きくなっていったので、それなら白髪染めを使った方が早いということとなり白髪染めを利用し 始めました。
どのメーカーの白髪染めを使ったらいいかよくわからなかったので、とりあえずドラッグストアで値段がそんなに高い目に付く白髪染めを試してみることにしました。
まずはじめに、シエロのクリームタイプを使いました。これは、混ぜる手間がなくワンプッシュで出てくるというところがズボラでも取り組みやすいかと思った ところです。実際使ってみると、前の方は鏡を見ながら染めれましたが、やはり自分自身確認しづらい後頭部付近は時間が少し多くかかりました。私自身の皮膚 がかぶれたとかそのようなことはなかったのでコストパフォーマンスを考えてもよかったかと思います。その後、ロレアルパリの白髪染めも使用してみました。 普段使っているのより価格が少し高かったのでよりいいのかなと思い使い始めました。これは、2本あるクリームをそれぞれ出して混ぜてから塗るタイプです。 塗る前後に使えるトリートメントが付属しているので、髪にいいと思いました。