手軽で頭皮に優しい白髪染め

30歳頃から白髪が目立ち始めたのと、元々敏感肌気味の肌でしたので、地肌に刺激の少ない白髪染めを探していました。
市販の白髪染めは頭皮がヒリヒリして痒くなりますし、ケミカルなものが配合されているので頭皮自体に良くないと思い、ネットで安全な白髪染めがないかと検索して知ったのが、「和漢彩染 ブロコローレ」でした。
この白髪染めは、粉状の染料のため水で溶いて髪の毛になじませるタイプで、塗ってから30分放置するだけでしっかりと黒色に染め上がります。

白髪染めおススメランキング
自宅で簡単に染めることが出来るのが大きな魅力です。
この白髪染めを使ってからは、特に頭皮のトラブルもありませんし、髪の毛が抜けたりパサパサになるようなこともなくキレイに仕上がるので手放せません。
だいたい一カ月に一度ほど白髪が伸びてきた根元を中心にリタッチしています。
カラーの種類が豊富なのでおしゃれ染めもできますが、私は「BB4」のカラーを利用しています。
色味が自然な黒色のため、健康的でつややかな黒髪に見せたいのでこの色が私にはピッタリの色なのです。
手軽で安心に使える白髪染めにやっと出会えてよかったです。
さらに価格も手ごろなのでコストパフォーマンスも申し分ない商品です。

家でヘアカラートリートメントをしています

29~36歳までに3人の息子を産んだのですが、1人産む毎に白髪が増え更に40歳を超えた今、何とかしなくてはと危機感を覚えるようになりました。そん な矢先、丁度主人が取引先からレフィーネのトリートメントカラーをいただいて来たので早速使ってみる事にしました。始めはトリートメントを髪に塗るのも難 しかったのですが、しばらく使ってみると慣れてきて、白髪が目立たなくなって来た気がしました。実際、合わせ鏡などで頭を見てもはっきりとした白髪は見え ません。素人が家で使っただけで白髪を目立たなく出来たことに感動でした。しかも1回使っただけで髪の毛のきしきしした感じが取れて潤ったのが実感できま した。もちろんカラーリング特有のツンとした匂いもありませんでした。
日頃気になっていても、小学3年生の末息子が帰ってくるまでに美容院でカラーリングするのは面倒だし、お金も掛かるし。。。と尻込みしていた問題が一気に 解決されて一石二鳥です。1回10分で済むのでお風呂に入っている間に、しかもカラー剤を服に付けてしまう心配もなく手軽にカラーリングが出来るので、こ れからもやめられません。他メーカーですが、同種のトリートメントのCMを見て半信半疑だったのですが思いがけず使う機会があってラッキーだったと思いま す。

ビゲンのクリームトーンは安定感有りのお気に入りです。

ビゲンのクリームトーンは昔からある商品ですし、11のカラーバリエーションから選べるので少し自分の雰囲気を変えたいと思ってもやり方は同じなので大変重宝しています。
価格も安いですし、私の場合はサイドや前髪の生え際が目立って来たころに使用しています。

これは自己判断ですが、その程度の生え際中心の量しか使用しないので、付いているハケブラシはしっかり洗浄、乾燥させビニール手袋とトレイは捨ててしまいます。
すると数回は使用出来ます。
ただ、全体的にムラが出るとおかしい場合は当然全てに使用はしますが、自分の元々の髪色に合わせたカラーを購入して染めるので、殆ど違和感はありません。
2種のカラーをしっかりと色が変わってから始め、ハケだけではまずしっかり染まっていないのでブラシを使い手で揉み込むようにしています。

後は15分程度と言われていますが大体5分長めの20分も目安にしています。
勿体ないと思ってたくさん使用しても頭皮が痛んだり、濯ぐ(洗髪)するのも大変です。

後、大切なのは敢えて連休前にするようにしています。
確かに綺麗には染まっているのですが「あからさまに染めた」と思われたくなく「馴染ませる意味です」まあ40代になればもう周囲も知ってはいますが。

ここからは余談になってしまいますが、特に女性は美容院に行ってプロに綺麗にしてもらうことや普段のご褒美とかインターネットや雑誌では得られないトレンドを知る意味で
美容院へ行くのは賛成ですが、明日以降もそれをキープ(特にブロー)している方なら良いですが、基本カットが上手く思い通りになれば、複雑な染め、特殊カラー以外ならカット中心で髪が痛まない程度に家で染めて自分のブローテクニックを向上させた方が良いのかなと思います。

男性もそうです。折角美容院や床屋に行っても、数日後にはあまり変わらない。確かに行けばマッサージ等をしてもらい気持ちが良いものですが、アフターケアや金額を抑えても日々お洒落で若々しいことが大切なのではないでしょうか?

他に類を見ない白髪染め

近年、頭髪や頭皮へのダメージが深刻化し、従来型の白髪染めに二の足を踏んでいる方も多いだろう。
お風呂で毎日使えるトリートメントカラーなるものに人気が集まっていることから、その傾向が伺える。
時間の経過と共にチラホラと目立つ白髪は、人の印象を変え、心理的ストレスとなるだろう。
そんな、悩める現代人の常識を覆す自然派白髪染めがランドプランニングアソシエーツの「香草カラー」だ。
馴染みの深い漢方薬草やハーブをふんだんに使い、化学染料を極力控えたオキシフリーのノンアルカリカラー。
頭髪・頭皮に優しいことはもちろん、臭いも気にならない。
そして、施術後には信じられないほどのツヤとハリを取り戻してくれる白髪染めだ。その効果は、染める度に実感するに違いない。
ただひとつ、難点なことは、全国的に取り扱う美容室が少ないこと。
数年前に比べると、香草カラーを導入する美容室が増えていることは確かだが、それでもまだ少ない印象は否めない。
リピーターも含め来店客の頭髪、頭皮のことを本当に考えるなら、やはりダメージは限りなくゼロに近いほうが良いに決まっている。
いち早く「香草カラー」を導入し、心身ともにはつらつと過ごせる価値を提供して欲しいと願う。

美容室でのカラーの間にセルフカラーでリーズナブルに!

私は30代後半の主婦ですが、ここ数年白髪が増えて悩んでいます。1か月半に一度程度、自宅で市販の白髪染めを使用し継続的に染めているのですが、いくら染めてもすぐに伸びた部分に白いものが目立ってきますし、色あせやダメージも気になっていました。

先日子供の卒業式を間近にしていたこともあって、久しぶりに美容室で白髪染めをお願いしました。セルフカラーを長年続けていたため見えない部分はほとんど 染まっておらず、美容師さんも悪戦苦闘しているようでしたが、白髪染めが完了し鏡で見た私の髪は、久しぶりに色が統一し、髪をかきあげても白髪が目立つこ となくまるで別人の髪のように綺麗し仕上がっていました。そこで美容師さんに聞いた話なのですが、やはり市販の白髪染めで自宅で染めるセルフカラーには限 界があるそうで、毎回美容室に頼る必要はないものの、3か月~半年に一回程度はリセットの意味でも美容室での本格的な白髪染めが有効とのこと。その合間で 目立ってきた白髪を修正する意味でセルフカラーをした方が、結局は白髪染めの回数も減らせるので、髪のダメージにも効果的だし、白髪を目立たさずに快適に 過ごせるとのことでした。

確かに一度美容室で綺麗に染めなおしてからは色もちもいいですし、セルフカラーの間隔も空けられるようになりました。今後は億劫がらず美容師さんのアドバイスに従っていこうと思うこの頃です。

30代から使っています。

ストレスの多い20代30代を過ごし、貧血持ちもあってショートのまま、30代には白髪染めが欠かせなくなってしまいました。
一時は近くのダイソーにあったヘナで染めていましたが無くなってしまい、ネットで頭皮と髪に良いほうがいいかなと100%ヘナを注文していました。
ヘナは確かによく染まって髪のコシも強くなったみたいで、しばらくはそればかりでしたが、だんだん白髪の量が多くなるにつれてオレンジが輝きすぎて……。 仕方なく、同じ会社のインディゴを混ぜたものにしたら、私の染め方が悪いのか、なかなかすんなり染まってくれずに二度試し、二度とも失敗してしまいまし た。
以来、近くの店に並んでいる白髪染めでも、さほど高くないものを使用しています。アレルギーもなく、ショートなので気軽に試せます。
ただ唯一、シ○ロだけは染まりませんでした。髪質が合わなかったのか、たまたま質の悪かった商品だったのか、怖くて二度と選べなくなってしまいました。
最近は叔母からもらったエビータを二回試してみました。トリートメントとあるように、別添でもないのに髪がバサバサにならずに済むのでお気に入りです。香りもツンとしないし、パッケージもバラとピンクを基調としているので年配向け!と限定していないところも良いかなと。
できれば、染めないにこしたことはないんですけどね。これからも体質に合う商品を探していこうと思います。

黒く染めた後に長持ちするために注意する事

年齢を重ねてくると加齢が進んできて白髪もだんだん目立つようになってきてしまいます。そのため白髪染めを使用してしっかり黒く染めたいところですが、場 合によっては上手く染まらなかったり長持ちしなかったりして何度も染めなくてはいけなくなる事も少なくありません。そのため長持ちするにはどのようにして いけばいいのか見ていきましょう。

まず白髪染めを使用して黒く染めた日にはシャンプーを使用して洗わないようにしましょう。白髪を染めた日というのはまだ髪の毛に白髪染めの薬剤が浸透して いない場合もあるのでシャンプーで洗ってしまうと薬剤が落ちてきてしまいます。そのため薬剤を髪の毛に馴染ませるためには染めた日にシャンプーを使用して 洗わない事が大切になってきます。

髪の毛を乾かす時のドライヤーの使用の仕方にも注意が必要です。ドライヤーを強風で使用してしまうとドライヤーの熱によって黒く染めた髪の毛が変色してしまう可能性があります。そのためドライヤーを使用して髪の毛を乾かす時は送風などにして弱めで乾かすようにしましょう。

この2点が黒く染めた後に長持ちするために重要な点なのですが外出中に雨が降ってきて髪の毛が濡れてしまうなど白髪染めの薬剤が落ちてきてしまう事はあるので注意しておきましょう。

泡で出てくる白髪染め

10代の頃から、白髪に悩んでいました。ですが、「まだ10代だから」「まだ20代だから」と、なんとなく白髪染めに抵抗がありました。でも、白髪の本数が多くなるにつれ、このままでは老けて見えてしまうなと感じて、白髪染めに挑戦しました。
最初、ドラッグストアで買ってきたのは、クリームタイプの白髪染めでした。自分で混ぜながら櫛で塗っていくのですが、頭の後ろのほうの髪にはどうしても手が届きません。また、櫛から溶剤が落ちてしまって、いえの床を汚してしまったこともありました。
何か良い方法はないかと思っていたとき、ビゲンからポンプ式の白髪染めが発売になり、これだと思いました。ビゲンは溶剤の香りもそれほどきつくなくて、使 いやすいメーカーです。ポンプは別売りになっていて、繰り返し使えます。ポンプの中に溶剤を入れて振って混ぜ、ポンプを押すと泡で出てきます。それを手に とって髪に馴染ませていきます。手で塗るので、広い範囲も楽に塗ることができます。生え際などに塗っても、泡がしっかりとしているので垂れくる心配はあり ません。白髪も綺麗に染まりますし、クリームタイプより洗い流すのが楽なように感じます。泡で出てくる白髪染めを体験してから、自宅でのケアが楽になりま した。

白髪染めを使用した時に考えられる副作用

年齢を重ねてくるとともに白髪も増えてくるので白髪染めを使って白髪を染める事が多くなると思います。しかし白髪染めにも副作用というものがあるので注意して使用していかなければいけません。ではどういう副作用があるのか見ていきましょう。

主な副作用は白髪染めの薬剤が頭皮に合わなかった事による頭皮トラブルです。これは人ぞれぞれ体質が違うので出る人と出ない人に分かれますが、痒みが発生 したり湿疹が出来てしまったりしてしまいます。湿疹が酷くなってしまうと頭皮がヒリヒリして痛みも伴ってしまうので特にアレルギー体質に人は注意が必要で す。

白髪染めを使用する時に薬剤が目に入ったりしてしまう場合があります。この時に目にダメージを与える事があるので白内障になってしまう場合もあります。酷くなってしまうと失明の危険性もあるので白髪染めを使用する時は目に入らないように注意しなければいけません。

白髪染めを長期間使用していると薬剤が皮膚を通して体全体に浸透してしまうので体調不良を起こしてしまう場合があります。主に気分が悪くなるというのが多いですが、酷くなってしまうと呼吸困難に発展してしまう場合もあるので注意が必要です。

こうして見ると白髪染めの副作用はたくさんあるので使用する時は副作用があるという事を意識しておく事が大切になってきます。

自宅でも簡単に安く白髪が染められちゃいますよ!

若いころから髪が多く、黒く硬めの髪質で白髪も多少ありましたが、40代も何年か過ぎ、かなり白髪が増えてきました。内側に奥深く生えた白髪であれば、わ かりづらいのでいいですが、やはり困るのが、頭のてっぺん、生え際など目につきやすいところ。

白髪は老けて見えると思うので、できるだけ少なく見えづらく したいもの。美容室に白髪染めに行くのはめんどくさいし、高い液やシャンプー(利尻コンブの…とかありますよね。)は使いたくないし、なるべく安くできな いかとネットで検索していたら見つかったのが浮世絵のような美人画がイラストのビゲンの白髪染め。

色は黒・栗色など何色かあるかと思います。通販でも買え ますが商品自体は300円しません。ドラッグストアでも購入可能です。これを水で必要量溶いて気になるところにぬります。ブラシでまんべんなく髪になじむ ようにしたら30分後に普通にシャンプーするだけ。

髪の毛全体白髪でどうしよう…という方には、容量が少なすぎて手間がかかるでしょうが、部分白髪でお悩 みの方には強い味方になってくれます。洗い落とした後はきれいに白髪が染まります。持続期間は個人差があるのでしょうが、私の場合約一カ月でした。安価で 確実に白髪が染まるのでおすすめですよ。

数種類から考える白髪染め

髪を染めるアイテムには4種類、白髪でも黒髪でも使えるタイプもあり年齢髪用もありますね。
スーパーなどで販売してる商品ではヘアカラー、値段としては千円以内とか500円程度でありますが、髪と頭皮にやさしい商品というならネットや通販物がいい。

ヘアカラーの特徴としては髪の芯まで染料が浸透するので染めた色が長持ちすること、パサつく感じになるならコンディショナーや流さないトリートメントで念入りなケア。
カラートリートメントみたいに一週間に一回でなくてもいいのがメリット、流すまでも最短なら10分とか15分でもしっかり染まる商品があります。

ヘアカラーとカラートリートメントを比較すると市販品は若年層向けかな、でもずっと使うのはどうかと考える質、カラートリートメントは頭皮や髪の健康を考 えて作った商品なので、髪が細くなりがちとか頭皮のすこやかを考える中高年層のファンが多いでしょう。もう一つはマニキュア、これもヘアカラーと同じみた いな性質というか染めの持ちからして短い周期、枕カバーに染料がつくとかいいますね。

どれを選ぶかは値段の経済性とか仕事など普段のライフスタイルから考えること、一回分で使いやすいというならヘアカラーや市販のマニキュア、高いと思うけ ど量から考えればリーズナブルなカラートリートメント。補足としてはクリームタイプで流さなくてもいい白髪染め、室内照明でも日光でも染まるという、ヘア クリームみたいにべたつかなければこれもベターです。